西予市観光物産サイト 時を忘れる、里山里海ミュージアムへようこそ

観光地十字ヶ池

その昔、弘法大師が大地を十字に切って湧いた不思議な池


大野ヶ原には弘法大師にまつわる伝説がいくつか残っていますが、この十字ヶ池もその一つです。

弘法大師がこの地にも寺を一つ残したいと思った際、大野ヶ原の高地であるための水不足のつらさを痛感したそうです。そこで持っていた錫杖で、足元の大地を十字に切りました。するとそこから、こんこんと清らかな水が湧き出し、人々は大師の神通力の偉大さに驚き深く感謝しました。そして大師への敬意を込めて、その湧水の池に「十字ヶ池」という名前を付けました。

現在は残念ながら、池には水の影はありません。昭和46年当時にはまだ水があったらしいのですが、今ではおぼろげに十字の跡が見て取れる程度です。

しかし、四方には石仏が奉られ、現在でも弘法大師の偉業を静かに伝えています。


  • 野村・城川地区野村・城川地区
  • 歴史・文化歴史・文化
  • 四国西予ジオパーク
  • せい坊と遊ぼう
  • トリップアドバイザー
  • ジオの至宝
  • 西予市